えんしんについて

えんしんで働くわたし

えんしんで働くわたし【中堅社員に聞きました!】

融資担当村松 秀祐

えんしんを選んだ理由

お金に対する皆さまの不安を取り除きたいとの想いから金融業界を志望しました。
その中で銀行・信用金庫と考えた際、信用金庫がお客さまとの距離が最も近いのではないかと感じ、私は信用金庫でお客様、地域の役に立ちたいと考えました。
銀行と比べ信用金庫は規模が大きくありません。そこで自分自身をお客様に売り込んでいくことが大切であると感じ、それが自分のやりがい、成長につながると考えたためえんしんへの就職を決意致しました。

仕事のやりがい

融資専門担当者として主に法人融資の推進を行っております。その中でのやりがいは本当に様々な経営者と出会えることです。営業店職員が、年齢を問わず様々な業種の経営者と直接話をできるということはこの業界ならではのことであり、日々勉強になることばかりです。経験豊富な経営者の方々に対し自分なりの提案を行い喜んでいただけた瞬間が何よりのやりがいです。

えんしんで働くわたし【中堅社員に聞きました!】

マネーアドバイザー大石 祐子

仕事のやりがい

現在、私はマネーアドバイザーとして、日々、外訪活動や店内での接客をしています。事業所訪問などもしています。
お客さまのライフステージにあった提案を心がけ、お客さまとじっくりお話をして、ご満足頂いたうえでご契約していただくことを大事にしています。ご融資、ご預金、といった商品や、資産運用などをご提案しますが、お客さまに「ありがとう。」と言っていただいて笑顔でお帰りいただくときは本当に嬉しくやりがいを感じます。また頑張ろうと思える瞬間でもあります。
マネーアドバイザーは、知識を深めることがとても大事です。スキルアップのための勉強会なども、若手職員にむけて行っています。営業店は外回りの男性、窓口の女性、役席問わず、皆で目標に向かっていきます。チームワークも大切ですし、一体感も生まれます。

女性へのサポート制度も充実

私は、現在、2児の母親でもあります。育児休暇を2度いただき、職場復帰しています。 仕事と家庭の両立はたやすくはありませんが、子育てをしながらの女性へのサポートも制度としても充実していて、周りもサポートしてくれる環境が整っています。
私がここまで続けてこられたのも、周りの理解があってこそです。
会社全体でより良い信用金庫を目指していくという体制であると実感しています。

えんしんで働く誇り 【管理職】

支店長鈴木 昭彦

えんしんを選んだ理由

私は、平成2年4月に入庫し浜北支店に配属されました。
当時はバブル経済崩壊前で就職状況はいわゆる「売り手市場」と呼ばれ、全国から就職案内や就職雑誌が届き下宿していたアパートの部屋の隅から隅まで就職雑誌で埋まるほど日本の企業は活況を呈していた時代でした。
元々は教員を志望し大学に行ったのですが、教員という仕事に魅力を感じることができず、漠然とセールスの仕事をしたく地元の百貨店みたいな業種を考えていました。
しかし、土日休みではないため土日休みで自宅から通勤できる地元の企業をと探していた中で「信用金庫」という存在を見つけました。金融にはあまり興味はなかったのですが、地元で活動しており人と人の結びつきを大切にしているイメージが好印象に感じ、私の考えているようなセールスの仕事ができると思い入庫を決めました。

えんしんの環境・風土

入庫し27年が経過し、振り返って当庫の魅力を考えてみますとやはり「家族」のような温かい金庫であるというのを一番感じています。
それは職員間でもそのように感じますし、対顧客への対応に関しても感じております。
現在のような厳しい経営環境の中でも職員同士温かく言葉を掛け合いますし、お客様からもよく温かいお言葉をいただきます。
これは紛れもなく遠州信用金庫が培ってきた「文化」や「社風」ではないかと思います。
このような当庫の環境のおかげで今日までの私の金庫生活は充実したものとなっています。
今後も遠州信用金庫の魅力を職員の皆さんに伝えながら支店長として支店運営に精一杯励みたいと思います。


先輩メッセージ

渉外係 お客さまからの信頼を実感できた時が渉外係としての喜びになっています。 平成24年度入庫
渉外係 私のやりがいは、自分の提案がお客さまの暮らしを豊かに出来ることです。 平成25年度入庫
窓口係 お客さまから「ありがとう」の言葉をいただくのが1番のやりがいです。 平成27年度入庫

採用に関するお問い合わせ

担当者:荒木

053-472-3401 受付時間 9:00〜17:00 定休日 土・日・祝日

メールでのお問い合わせ